地下メゾネットマンションに住んでいた僕がメリットとデメリットを語る

僕は以前、埼玉県川口市のマンションから世田谷区三軒茶屋のデザイナーズマンションに引っ越した。

今ではそのメゾネットマンションも引き払ってしまったけれど、すごくお洒落で居心地のいい部分もある反面、それなりに大変なこともあった。

これからデザイナーズマンションの地下メゾネットタイプの物件に引っ越そうとしている人に対して、3年間デザイナーズマンションのメゾネットタイプへ住んだ僕がメリットとデメリットをお伝えします。

地下メゾネットタイプのデザイナーズマンションのメリット

地下メゾネットのメリットはなんといっても防音。

そしてそれに伴い周りの部屋の生活音なんかも全然聞こえない。

僕はバンドをやっていたので、地下にアンプを置いて夜中でもベースを引いたり、電子ドラムを叩いたり、アコギを弾いて歌ったりしてたけど、怒られたことは一回もなかったです。というわけで具体的にメリットあげていきます。

防音がしっかりしてる

引っ越しを決める前の段階で内見に行った際、不動産屋さんに外に出てもらって僕が中で大きい声を出したけど、外には全く聞こえていないとのことだった 笑

地下なので当然かもしれないけれど地下×鉄筋コンクリートで防音がしっかりしており友人を呼んで夜中まで騒いでもOKだった。

隣の家に赤ちゃんが産まれて夜泣きのお詫びをされたことがあったけれど、そもそも他の部屋の物音や声が聞こえたことがない。先ほどお伝えしたようにアコースティックギターを弾いて普通に歌うことも全く問題なかった。

防音がしっかり、静かなのでぐっすり眠れた。

家の前は車通りが多い方だったのだけれど部屋の中が静かなのでよく眠れた。

救急車が通る時は遠くに鳴るようにサイレンが聞こえていたけど家の前で人が大声で騒ぐくらいでは全然気にならないくらい静かでよく眠れた。

これが実際に僕が住んでたマンション、階段をおりる途中↓

f:id:chihirocity:20181012132340j:plain

地下からの天井が高くて空間が広々としていて開放感がある

この開放感はたまらないものがあり、歌を思いっきり歌うと天井にいい感じに響いて最高で気持ちよかった。

でも人間よくも悪くも慣れてしまうので慣れてくると感動が薄れてただの日常になる。”慣れ”って厄介なことです。

夏でも地下は涼しい

これは僕が住んでいたメゾネットマンションがそうだったのか、他のメゾネットマンションはどうなのかわからないけれど夏でも涼しかった

真夏でもサーキュレーターを回して空気を動かしていたら全然問題なくいられるくらい。

地下にもクーラー取り付け用のコンセントがあったけど使用された形跡がなかったから僕の前に入居していた人もきっと使ってなかったんだと思う。

つまりそれくらい涼しい。

地下メゾネットマンションのデメリット

今度は地下メゾネットのデメリットを紹介したいと思う。

僕的には熱が上昇していく現象で、地下は涼しいのに一階が蒸し暑かったのは結構つらかったです。あとは・・・布団が干せなかったこと。

よし、また具体的にあげていきます。

家賃が高い

僕が三軒茶屋という場所。その土地柄と合わさったメゾネットのデザイナーズマンションを借りたからなのかやはり家賃が高い。

埼玉の時は2LDKで7万だった家賃が約二倍の14万以上になった。

ちなみに間取りは1DK(と地下)、全部で54平米なのでそんなに狭くないと思う。ウォークインクローゼットもすごい広かったけど高かった。

湿気、カビ

入居前に気になってはいたけれど、地下室に前もって除湿機のホースを通して水を排出する口が付いていたので湿気すごそうだなと思ったけどやっぱりすごかった。除湿機はもちょいちょいかけつつ外出した。

前述のクローゼット内には除湿材をいくつも入れておいたけど、すぐ湿気を吸収した素材が水でいっぱいになった。

布団干せない

何気に僕が3年間で一番辛かったのはここ。

布団が干せないことこのマンションの一階に住んでいたんだけれどベランダが地下まで掘られている形(という表現でわかるかな 笑)

太陽がどれだけ照っていても、布団がどんなに湿っぽくなっていても干すことができない。この建物は一階だけメゾネットになっていて2階や3階の人はガンガン布団干していて悔しかった。家賃はこっちの方が高いのに

以下の青部分がマイルームの図。陽あたり悪い…。

f:id:chihirocity:20181012144108p:plain

蚊が異様に多かった

これもここの物件がそうだっただけの話かもしれないが、とにかく蚊が多くて地下の扉をちょっとあけただけで蚊がうわ〜っと入ってきてた。

多分水が溜まるようなスペースが結構あったんだと思う。

これも地味に辛かった。

大家さんが育てている植物の葉っぱや土が地下にベランダに積もってくる

僕の住んでいた一階のベランダはB1にあるので、土や落ち葉がすごい落ちてくる。というか積もる掃除しても掃除しても積もるので途中でやめてしまった。

大家さんに悪意がないから言えなかったけど、メゾネットで地下にベランダがある場合は葉っぱや土がある程度積もる覚悟をしておくべきかもしれない。

スポンサーリンク

【まとめ】地下メゾネットデザイナーズマンションに住むメリット、デメリット

お洒落で防音がしっかりしているメゾネットマンション。他人の生活音がうるさいのも嫌だし、自分が友人を呼んで騒ぐに当たって苦情がくるのも嫌だ!という人にはお勧めかもしれない。

でも家賃が高かったり、湿気がすごかったり、布団が干せなかったり、蚊が多かったり、地下のベランダにゴミが溜まりやすいなんてことも考慮した方がいい。

僕的にはいい経験になったと思うから、損をしたなんて全く思わないでもこれから先また同じような物件に住みたいかと言われたら嫌だ 笑

僕はメゾネットから引っ越して、今の部屋で布団を干して、太陽の匂いの中で眠りについた瞬間すごく幸せを感じたから。

だから上記の記事を読んでもまだデザイナーズのメゾネットに住みたい!

という人がいたらそれも人生の経験だから住んでみるのもありだと思います。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です