ハローサイクリングの使い方を説明【マイチャリはもう必要ない?】

HELLOCYCRING便利!

こんばんは、ちーも(@chihiromorrico)です!

自転車はたまに乗るけど、所有をするまでもないという方にオススメのレンタルサイクルサービスがあります。

 

それがセブンイレブンが展開している「HELLO CYCLING」です。

僕はたまにハローサイクリングを使っているんですが、マジで便利。

 

■ハローサイクリングのメリット

  1. 電動自転車(坂道も楽々)
  2. 15分毎で60円の料金(上限1000円)
  3. レンタルした場所から移動しても、返却スタンドのある場所なら返却できる
ちーも
ちーも
僕がよくいる下北沢や三軒茶屋は歩けば30分くらい。そしてチャリだと5分くらいかな。バスだと片道220円、往復だと440円。ちょっとした用事だとハローサイクルの方が早いし安い。

ハローサイクリングの使い方

ハローサイクリングを利用するにあたって、スマートフォンのアプリ「HELLOCYCRING」が必要です。そして、決済方法を登録する必要があります。

■決済方法は以下の通り

  1. 決済方法はクレジットカードの登録
  2. YAHOO!JAPANウォレットでのオンライン決済
  3. キャリア決済(ドコモ、au簡単決済/au WALLET、Softbankまとめて支払い)
  4. HELLOカード
  5. HELLOマイル決済

 

決済登録の画面↓

HELLOWCYCLINGの決済画面

 

ちーも
ちーも
僕はYahoo!ウォレットも使ってないし、スマホはLINEモバイルという格安SIMをつかっているのでクレジットカードにて登録しました。

①アプリ「HELLOCYCRING」をダウンロード

アプリをダウンロードするとこういった黄色の可愛らしいアイコン。

アプリを起動して約款に同意したら決済方法の登録です。

②決済方法の登録

僕の場合は先ほどもお伝えしたようにクレジットカードの登録をしました。

Yahoo!JAPANウォレットや、キャリア決済はだいたいわかるとして、

 

HELLOカードとはなんぞや?という疑問。

 

なんですが、電子マネー決済のカードをスマホやPCから事前に登録して置くことで利用ができるようになるようです。(方法はリンク先にあります。)

■使える電子マネー

  • Suica
  • Pasmo
  • nanaco
ちーも
ちーも
公式に記載されているのはこれだけだけど、もしかしたらイコカとかもいけるのかな。。よくわからん。


③利用できる場所をMAPで確認して予約

HELLOCYCRING

HELLOCYCRINGアプリを起動すると周りに出てくるこの吹き出しのような場所が自転車を借りたり返却できる場所

 

主にセブンイレブンの前にあることが多いけど、セブンがない場所でもみたことがあるから、なんとも言えない。

 

ちーも
ちーも
誰が電動自転車の充電したり、空気を入れたりしているんだろう。影で並々ならぬ努力で電気や空気を入れてくれている人がいるおかげで、僕らは便利に暮らせているんですね。(感動)


以下のように出てきた、実際に使いたい場所の自転車アイコンをタップ

そうすると貸し出し可能な台数が出てくる。

予約するをタップすると以下の画面。

一台あるものの電池がないみたい。

セブンイレブンの前のHELLOCYCRING

 

実際に僕借りた時の写真はこちら。

実際の車両番号と、アプリ内の車両番号が一致しているか必ず確認!

 

この場合だと「A8070」。

HELLOCYCRINGの実際の車両

HELLOCYCRINGの実際の車両番号

そして予約すると以下のような画面に。

アプリ上のHELLOCYCRINGの予約完了画面

30分以内に乗車の手続きをしないと自動でキャンセルになります。

その場合料金はかからないそう。

ちーも
ちーも
僕は予約完了後から実際に乗るまでのところですっげー時間かかった。多分15分以上かかった。手順を知れば楽勝なので記載しておきますね。

 

予約が完了したら以下の図のように4桁の数字の暗証番号がでてきます。それを暗記。

HELLOCYCRINGの暗証番号

そして実際に乗る自転車のこの部分に入力。

(ICカードならここにそのまま近づけてピっとやるんだろうか。)

自転車に暗証番号を入れる

 

暗証番号が正しければアプリと自転車本体に認証OKの画面がでて、かかっていたロックが解除されます。

 

一時的に停車して置く時が鍵をかけ、ロック解除の際にはまた暗証番号を入れればロックは解除されます

ハローサイクリングの自転車の返却方法

HELLOCYCRING

上記のようなマークが付いているところであればどこでも返せます。

(満車の場合ってどうなるんだろう。)

 

自転車を停めた後、以下のところの電源マーク→Returnの順に押下、返却の場合は1を、キャンセルの場合は2を押してください。

のような感じのメッセージがでてくるので1を押したら終了。

HELLOCYCRINGの返却画面

 

アプリ内で請求料金が表示されたら返却完了

本当か嘘かはわかりませんが、元々は東京オリンピック開催時の観光客向けにこのようなサービス提供が始まったらしいです。

 

現在、全国的にこのようなレンタルサイクリングのサービスが増えてきているようなので、便利になるのはいいことですね。

 

実際、東京は電車やタクシーを使うと意外と遠回りなことも多いので、自転車でショートカットしつつ安価で移動し、観光できるHELLOCYCRINGは結構オススメです!

 

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です