【休日なにもやる気がでない時】ゆるリストを作り、小さく成功体験を重ねるといい【やる気スイッチ】

落ち込み

こんばんは、ちーも(@chihiro_ojima)です!

どうしてもやる気がでない。

人間だから調子のいい時と悪い時、どちらも波がありますよね。

 

仕事なら行くしかないけど、せっかくの休日にそういった無気力が出てきた場合、気づいたらベッドの上でスマホをいじっていたら夕方になりそして自己嫌悪が襲ってきます

■以下ループ

  • やる気起きない
  • ベッドから出ずにスマホでネットサーフィン
  • 気づいたら夕方
  • 自己嫌悪
ちーも
ちーも
僕もよくあります、今回は自分への戒めもこめて、僕が向き力から脱出するために行っているかんたんな方法をご紹介いたします!

やる気が出ない時は小さな成功体験を作るべし

朝陽

成功体験というと大げさに聞こえますが、やることを小さく分解して実行していく作戦です。

そして、できればその分解した小さなやることをスマホのメモなどに箇条書きにしてみてください

そして達成したらその横にチェックを入れていきます。

例)

  • 洗濯物を洗濯機に入れる
  • 洗濯物を干す
  • 布団を干す
  • お皿を洗う
  • Aさんに返信
  • Bさんに返信
  • すっと観ようと思っていて観てない映画●●を観る
  • パスタを作る
ちーも
ちーも
僕的には部分掃除と映画鑑賞オススメします!
あくまで部分だから5〜10分で終わるし、何より1つ達成したら気持ちが上がります。
部屋の乱れは、心の乱れとも言うしね。掃除したら心も晴れる!
ニューシネくん
ニューシネくん

最初はめんどくさくてもチェックが1つ、2つと増えてきたら、どんどんとやる気が出てきます。

 

不思議だけど、本当の話です。

まずはベッドから出てカーテンをあけよう

カーテン

大切なのはまず布団やベッドから出てカーテンをあけること、

そして、もしだるい場合はシャワーを浴びてシャッキとしてからリストを作ってもいいですね!

 

注意点としては大きな目標を立てないこと!

大きな目標はできなかった時に結局、できなかった自分自身の罪悪感に繋がるからです。

  1. あくまで小さく簡単なリスト項目をこなすことが大切
  2. こなしたリスト1つ1つの横にチェックをつけて、そのチェックが増えてきたら、その成功によってどんどん元気になってきます
  3. 2を完全にこなした場合は、その日1日でリスト以上の動き(成功)だってできるかも
ちーも
ちーも
とりあえず、3は一旦無視でかまいません。ゆるく1〜2の項目を考えて、こなしてみてください。最初から3みてるとしんどいので。

スポンサーリンク

やることリストすら無気力で無理な場合

 

そもそも、リスト作ることすらめんどくさいわ!という無気力状態の場合は、以下2つだけまず実行してみてください。

 

  • カーテンをあける
  • ベッドから起き上がる

以下に詳しく説明します。

 

カーテンをあける

やる気が出ない時、脳内でセロトニンが不足している場合があります。

 

セロトニンは太陽光が目から取り入れられることで脳内でつくられる伝達物質で、これが不足すると意味もなく落ち込んだりダルかったりといった症状がでてきます。

カーテンをあけて目からセロトニンを入れましょう。

ちーも
ちーも
うつ病の人もセロトニン不足だと言われているね。
北欧の人たちは、日照時間が短いのでうつ病が多いという話を聞いたことある。後はコンビニなどの夜勤の人とかも陽を浴びないから自律神経が狂ってしまうらしい。
ニューシネくん
ニューシネくん

シャワーを浴びる

シャワーを浴びると汗なんかを流して気持ちいいといったメリットの他に交感神経を活発にしてくれます。

 

  • 交感神経(昼の神経)・・・目が覚めている時や、運動時に活発になる
  • 副交感神経(夜の神経)・・・寝ている時や、リラックスしている時活発になる
シャワーを浴びて交感神経に切り替えよう!という作戦だね!
ニューシネくん
ニューシネくん
ちーも
ちーも
逆に寝る直前のシャワーやお風呂は交感神経を刺激するからオススメはできないよ。

そもそもベッドから起き上がれない場合はうつ病の可能性があるかも

リスト作成どころかベッドから起き上がれない、カーテンもあけられない、シャワーなんて無理なレベルでやる気が出ない場合・・・、

 

そういった場合はうつ病の可能性があります。

 

リストなんて作らず、全然頑張らなくても大丈夫です。

というか決して頑張らないように!

 

家族や友達や、恋人がいれば相談し、場合によってはお医者さんに相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

【結論】やる気がでない時は小さな成功体験を積み重ねること

朝陽の中の子供

僕は調子がいい時はいいのですが、やる気が出なくなったらもう全然動きたくないし、人に会いたくないし、連絡もめんどくさい!

 

となります 笑

 

でも人や物事には波があることが普通です。

「モチベーションがあがる」という言葉がありますが、上がるものは下がります、絶対に

 

  • 上がるものは下がる
  • 下がるものは上がる

 

生きる上の前提としてそう肝に命じておけば、下がった時に、全然気にする必要が無くなります。

 

だって下がっても上がるんだし、そもそも上がってたから下がったんだし!

みたいに。

 

一番よくないのは自分なんてダメだと思うこと。

世界で一番自分がダメだって思う日があったって、そんなものはまやかし!

 

あなたは大丈夫!

無気力な日はぜひ試してみてくださいね。

 

■僕が実践するやる気が出ない時の小さな成功体験を積む方法

  1. カーテンをあける
  2. ベッドから起きる(場合によってはここでリスト作成)
  3. シャワーを浴びる
  4. 着替える
  5. リスト作成(以下リスト)
  6. 溜まってたら皿洗う
  7. 溜まってたら洗濯物を洗う
  8. 布団干す
  9. 洗濯物洗っている間にパスタ作る
  10. 溜まってたらLINEなどの返信をする
ちーも
ちーも
5以降はまぁ適当ですが、僕のオススメは部分的な小さな掃除。結果的に綺麗になったら気持ちがいいし、リストをこなしていくとどんどん心が晴れてくるから。

この記事がみなさんのいい休日のきっかけになったら嬉しい。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です