【気持ちの切り替え方】魔法の言葉「まぁいっか!」で気分リセット

まぁいっか!は魔法の言葉

こんばんは、ちーも(@chihiro_ojima)です!

 

誰かに心ない一言を言われて気持ちが落ち込んだり・・・・、もしくは嫌な店員さんに出会ってイライラして自己嫌悪に陥ることってありますよね。

 

僕も20代の頃はよく落ち込んでいました。

そして自己啓発の本をたくさん読みました。

本当にたくさん読んだんですよ。

 

デール・カーネギー

アール・ナイチンゲール

エーリッヒ・フロム

西田文郎

中村天風

エックハルト・トール

まぁ他にも色々・・・・。

 

ちーも
ちーも
過去に何回も触れているからここでは割愛するけど、僕はエックハルト・トールの「ニューアース」には何度も救われていて、とても尊敬してる。おすすめです。


 

でダメな自己啓発本はだいたいこう書いている。

 

ポジティブになりなさい。

前向きに生きなさい。

 

・・・・・いやいや、ポジティブに、前向きになる方法が知りたいんじゃ!

って10代の頃から思っていました。

 

僕が紆余曲折を経て、たどり着いたのはフラットで生きること。

そして自分が嫌な気持ちになるような出来事があっても「まぁいっか!」という魔法の言葉があれば大抵のことは受け流すことができるということでした。

落ち込みやすい人よ、ポジティブになんてならなくていい

争うきつね

落ち込みやすい人って僕も含めて真面目なんですよ。

ちーも
ちーも
自分で真面目とかいってごめんなさい。真面目だから謝っときます←

真面目な人ほど責任感を感じたりするからうつ病になりやすいといわれている。

 

実は・・・当たり前の話だけど、上がるものは下がる

 

つまりテンションがぶち上がったら絶対下がる。

 

なのでポジティブに生きようなんて本当は思わなくてよくて、フラットに生きていられたらそれがベスト。

 

そしてもう1つはこの世の中は諸行無常であることを理解した上で、あらゆる物事や人に期待せずに生きることが大切。

 

苦しみやイラ立ちって諸行無常に反発するから生まれるのは僕のこれまでの経験則からいって間違いないと思う。

 

以下、諸行無常のWiki引用〜

仏教用語で、この世の現実存在(森羅万象)はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。

「まぁいっか!」の使い方

争うトラ

僕はすでに起こったどうしようもない物事に対して考えることを放棄します。

もしくはすでに終わったことだったら、原因が自分にあろうと、他人にあろうと許すようにしています。

 

覆水盆に返らず

 

あとの祭り

 

過去(終わったこと)を掘り返しても全くいいことがありません。

なので、その気持ちの切り替えに有効なのが深呼吸と「まぁいっか!」です。

 

「それでいいのだ!」でもいいです。

 

言霊ってあると思うので、「まぁいっか!」もしくは「それでいいのだ!」を使うことで嫌な気持ち、イライラを心から切り離すことができます。

 

ちーも
ちーも
そういう時はだいたい呼吸が浅いので、深呼吸と合わせられたらベストです。

スポンサーリンク

最近の僕の「まぁいっか!」の具体的な使用例

争う空手家

たまにあるのは接客態度が悪い人に当たってしまった時。

そういう時って店を出た後も気づいたらモヤモヤして口に出したり、口に出さなくても「あの店員の態度はないやろ!」とか思ってしまいがちです。

 

そういったモヤモヤを抱え続けて精神的にダメージを受け続けるのは自分です。なのでそういった思考にまず気づくこと。

 

そうしたらそのモヤモヤエネルギーを胸に感じたまま、深呼吸をしつつ「まぁいっか!」など声に出してみると、そのエネルギーは開放されます。

 

一度で開放が終わらない場合は何度かやってみてください、嘘みたいですが結構本当に少しずつモヤモヤの開放ができます。

 

イライラしているうちは自分の人生をその嫌な態度の店員に少し預けていることになるから、自分の限られた人生の時間を、その人のことを考えて過ごすってすごく勿体無い!

 

あなたの人生、あなたが主人公なんだから!

「まぁいっか!」が通じない場合

争うクマ

まぁいっか!は慣れですが、とてもじゃないけど、そんなことじゃおさまらないよ!って場合は現実的に対処するのも有りです。

 

心と身体は繋がっているので、

 

全力で運動する。(ランニング、水泳、サッカーなんでもOK)

 

カラオケで熱唱する。

 

映画を観る。

 

楽器を全力で弾く。

 

まぁなんでもいいですが、全力でやります、無心でやります。

 

無心という言葉が出てきましたが、実は何かを全力でやったりしている時というのは思考が停止してます。というより意識が思考を超えるといいますか、つまり心は完全にフラットになるんですね。

 

楽器や運動に無心で没頭するということは禅に似ていて、イライラなどが心に湧いてくるすき間を作らない現実的な対処方法としてかなり有効です。

 

で、ヘトヘトになったらぐっすり眠ってください。

次の日にはスッキリしてます!

ちーも
ちーも
ちなみにアルコールは逆効果なので落ち込んでいる時や、イライラしている時は飲まない方がいいかも。意識をあげてくれるというよりは意識の下に潜ってしまうようなイメージです。

スポンサーリンク

【まとめ】魔法の言葉「まぁいっか!」で心をフラットにしよう!

空を自由に飛ぶ風船

自己啓発本を読みまくった僕が行き着いたのは深呼吸と「まぁいっか!」という魔法の言葉。

 

よく「最悪!」という人がいます。

でも僕は最も悪いってなんだろう?と思います。

 

僕の考えうる最悪の自体というのは完全にです。

 

ちーも
ちーも
死ぬ以外かすり傷!・・・とまでは言いませんけど、最悪って言葉使ってる内は最悪じゃないなってよく思います。


 

フラれようが、借金背負おうが、死にはしません。

逆に生きていればこそ、なんだってできます。

 

また恋人を作ったり、借金を返したりなんだってできますよね。

 

だから一喜一憂を繰り返すのではなくて、世界はすべて諸行無常であると認識した上で、

 

イライラやネガティブを頭から切り離す言葉、

 

「まぁいっか!」

 

言葉は本当におすすめです!

 

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です