【生産性UP】Macでライティングの時に使える便利ショートカットを紹介!

こんばんわ、ちーも(@chihiro_ojima)です。

文章を書いている時にいちいちマウス操作でタブを切り替えたり、カーソルの場所を移動したりすることってすごく時間の無駄ですよね?

Macでライティングを行っているライターさんに僕がオススメするショートカットをご紹介します。

このショートカットをマスターすることで作業効率は飛躍的にあがること間違いなしです!

Macの基本ショートカット

まずは基本的なショートカットです。

Windowsの場合はこのcommandがctrlキーだったりWindowsキーだったりします。

  • command + C ・・・コピー
  • command + V ・・・貼り付け
  • command + X ・・・切り取り
  • command + F ・・・ワード検索
  • command + A ・・・全画面選択
  • command + P ・・・印刷
  • command + H ・・・Appを隠す
  • command + M ・・・画面の最小化(Hとの違いはよくわからないです)
  • command + tab ・・・アクティブウインドウの切り替え
  • commnad + shift + tab・・・逆方向へアクティブウィンドウの切り替え

Google Chromeで使えるショートカット

最近では僕を含めほとんどの人がGoogle chromeを使用していると思いますのでGoogle chromeでよく使われるショートカットを紹介します。

  • command + T ・・・新しいタブを開く
  • control + shift + T・・・閉じたタブを元に戻す
  • control + shift + N・・・シークレットモードでウィンドウ起動
  • command + R ・・・ページ更新

  • command + W ・・・開いているタブのみ閉じる(option + command + Wで全てのタブを閉じる)
  • control + tab ・・・右側のタブへ移動
  • control + shift + tab・・・左側のタブへ移動

スポンサーリンク

Macでライティングをする際に重宝するショートカット

ここからは僕も知った時目から鱗でしたので紹介。

  • ひらがなで入力後、contrl + A・・・アルファベット小文字に変換
  • ひらがなで入力後、contrl + L・・・アルファベット大文字に変換
  • ひらがなで入力後、contrl + K・・・カタカナに変換
ちーも
ちーも
例えばGoogleをひらがな入力のままで入力したら「ごおgぇ」になってしまいますが、contrl+Aを使えばそのままアルファベット小文字に変換されます。
  • 通常のコピー後、貼り付けの際にshift + option + command +V・・・書式なし貼り付け

通常のcommand + Cのコピーの場合、書式など”文字データ以外”の様々なデータも自動的に入ってしまうため書式なし貼り付けは重宝します。

  • contrl + A・・・行のトップにカーソルを移動
  • contrl + E・・・行の最後にカーソルを移動
  • fn + 上下矢印キー ・・・ 矢印キーの方向に対して大きくスクロール

上記のショートカットを使えば記事作成がかなり早くなるはずです!

個人的にdelete系のショートカットは、ミスすると痛い目に合うので禁じ手としております。

ライターにオススメのMacの便利ショートカットキーについて

最初は大変ですが、ショートカットキーは一度覚えてしまえば、それから先ずっと時間短縮の役に立ち続けます。

 

僕は元々、WindowsPCのショートカットマニアだったんですが、現在はプライベートでMacをメインに使っており、使用過程で便利なショートカットキーを覚えている途中です。

こちらに関しては僕自身まだまだ知らないショートカットがあると思うので、便利そうなものがあれば備忘録として今後も追記していきます。

この記事が読んでくれたライターのみなさまのお役に立てれば幸いです。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です