高知県須崎市「ぼっちり」の鍋焼きラーメン

地元高知を離れ、東京に出てきて早10年以上経った。

上京の際、己に誓った「絶対戻らんぞ、故郷に錦を飾れるまでは。」も遠い昔。

特に大きなことを成し遂げられる事もなく、時は残酷にも過ぎ去り今では還暦を過ぎすっかり頭の白くなった父や母の顔を見るために度々帰省するようになった。

僕が住んでいた頃とはうって変わり、高速道路が通り、国道だった道は旧国道と呼ばれ、いくつかのお店は新国道側へと移動してしまった。

そんな中、僕が小さな頃から愛してやまない定食屋さんが今もまだ旧国道沿いにある。外観はすっかり色褪せてしまったがいつまでも変わらない味の店。

それは高知県須崎市にある「ぼっちり」と言う店。

「ぼっちり」とは土佐弁で”丁度いい”と言う意味。

「お風呂の温度はどう?」

「味付けはどうかな?」

そう言われたら「ぼっちりよー!」と返す。

「ぼっちり」に行ったら鍋焼きラーメンを是非とも食べて頂きたい。

麺は硬め、鶏がらスープであっさりながら、しっかりしたコクもあり、しかも鍋でグツグツなのでスープが最後まで冷めない。

一口食べるとついつい顔がほころんでしまう。

小さい頃から馴染みのある店だからなどと、僕の思い出補正があるわけではなくいつだって変わらず美味しい。

f:id:chihirocity:20180802212427j:plain

↓↓ 蓋をとると ↓↓

f:id:chihirocity:20180729051556j:image

写真は鍋焼きラーメンソースかつ丼セット。

丼セットにしなければ、デフォルトでおにぎりがついてきます。

是非とも皆さんに食べて頂きたい一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です