【N国党】立花議員が本当にやりたいことをわかりやすく説明!【NHKをぶっ壊す】

NHKから国民を守る党の立花孝志議員が本当に成し遂げたいこと

こんばんは、ちーも(@chihiro_ojima)です。

皆さんは”NHKから国民を守る党”をご存知ですか?

 

党首の立花孝志さんは、よくも悪くも言動が話題になっていますが、僕は興味深く立花議員のYoutubeを毎日観てます 笑

 

本来当ブログは政治や宗教に言及するブログではないですが、この国の報道の根っこにある闇を文字通りぶっ壊そうとしていることがわかったので、今回はN国党の立花さんがおっしゃっている

 

なぜ、NHKをぶっ壊す必要があるのか?

 

を説明させていただきます。

ちーも
ちーも
ちなみに僕はN国党そのものを支持しているわけではないけれど、立花議員の活動は的を射た内容だなとおもうので・・・・。

N国党首の立花孝志さんがいう「NHKをぶっ壊す」の本当の意味

N国党の立花議員が当選した時に、著名人も含め一般人の多くは以下の理由でTwitterなどで彼を叩いてました。

 

  1. 公約がNHKをぶっ壊すという1つだけで、増税や外交、福祉の問題などその他の多くの問題に触れられていないこと
  2. その1つの理由のために膨大な税金が議員に使われる無駄
  3. 政見放送の異常性
  4. 今までSNSにあげられていたNHK受信料徴収の人撃退の過激な動画から疑う人間性

 

そして、それは当選した今現在も同じ理由から多くの人から叩かれています。

 

でも、本当にNHKをぶっ壊すだけなのでしょうか。

今までの彼の過去の発言を大体見直してきた僕から言えるのはNOです。

 

立花さんが壊したいのは、この国に巣食う既得権益を得ているすべて

そしてその代表格がNHKです。

 

そして利権はNHKからのお金は大手民間のTV局、大手広告代理店の電通、大相撲協会などありとあらゆる組織へ巨額の受信料が流れることで、すべて繋がっていることです。

 

 

ちーも
ちーも
この動画はちょっと長いですが、結構衝撃的な内容です。まぁ要するに、ぶっ壊すべき巨大な既得権益の象徴としてNHKの名前を出しています。

そしてこの過激な動画に関してNHKから訴えられてもいないとのことで、裁判になればどちらが不利かということを考えるとすべての答えになっていると思います。

マツコ・デラックスさんを叩く理由

事の発端はTOKYO MXというテレビ局の「5時に夢中!」という番組でマツコ・デラックスさんが言った以下の発言。

 

  1. NHKをぶっ壊すだけで国政にでられたら受信料より税金がもったいない
  2. 投票した人はふざけ半分で入れた人
  3. ちょっと宗教的で気持ち悪い

 

 

特に2を問題視している模様です。

これに対して立花さんが反論しているのは以下2点。

 

  1. 立花本人を悪く言うのはいいが、有権者をバカにするのは許せない。
  2. TOKYO MXという”公共の電波”を使っての偏った報道は放送法第4条に抵触しているので、TV局からの何かしらの見解を示すべき。

 

ちなみに放送法第4条をはこちら↓

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。

引用元URL:一般財団法人情報法人振興会HPの放送法第4条より

 

ちーも
ちーも
まぁこれはTOKYO MX側も正式に回答すべきかな・・と思ってしまう。そして立花さんはタレントのマツコさん本人を叩きたい訳ではなく、その上のTV局を叩きたいのが本音らしい。


スポンサーリンク

NHKを民放にするのではなく、”偏向報道”のない公共放送に戻そうとしている

NHKが民法と違うのは公共放送である点。

じゃあ公共放送ってなんだろうと考えて、NHKのHPから引用してみます。

 

電波は国民の共有財産であるということからすると、広い意味では民放も公共性があるということになりますが、一般的には営利を目的として行う放送を民間放送、国家の強い管理下で行う放送を国営放送ということができます。これらに対して、公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、公共の福祉のために行う放送といえるでしょう。

NHKは、政府から独立して 受信料によって運営され、公共の福祉と文化の向上に寄与することを目的に設立された公共放送事業体であり、今後とも公共放送としての責任と自覚を持って、その役割を果たしていきます。

参照URL:NHK よくある質問 公共放送とは何か

 

ちーも
ちーも
公共放送とはスポンサー企業がつかないから、国民からの受信料を徴収することで運営する。そして営利目的ではなく公共と文化の向上のための責任を果たすといっています。

 

NHKの偏向報道についてはいろんな著名人が以前から言っていますので、割愛するとして、立花さん自身が言っていることで大事なのは2つ、それは

 

  • 「NHKを民間放送にしたいわけではなく、公共放送のままで偏向報道などない中立のTV局に戻したい。」
  • 「NHKを見ない人から受信料をとらない、スクランブル化を目指す。」

 

ちーも
ちーも
これね、民間放送にするのと公共放送のままで公平中立な放送をするというのはまるで意味が違うんです。つまり民間になると株式の保有率によって株主側からの圧力で偏向報道がまかり通ってしまう可能性がある。
NHKを本来の意味でぶっ壊したいのではなく、見たい人だけがお金を払い放送内容も公平にきちんとした内容になって欲しいんだといっているんだね。
ニューシネくん
ニューシネくん

【結論】N国党首の立花議員がやりたかったのは既得権益の撤廃

現在、世界中そして日本中に色々な既得権益が溢れかえっています。

でもほとんどはタブー視されます。

 

なぜか?

それは一言でいうと、

既得権益を得ている一部の人たちが得をしており、そして大衆に対してその事実を知らせないようにメディアが動いているから。

 

ちーも
ちーも
これって一見、しょうもない陰謀論のような気もしますが調べれば調べるほど色々な客観的事実がみつかります。プロパガンダ・・・。


 

※プロパガンダとは、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為。

 

まぁ民間のTV局も株主の意向を反映しなければならない点で同じなんだけど、でも”民間”はしょうがない、だって商売としてやっている株式会社なんだから。でも公共放送がそれだと困るよね。
ニューシネくん
ニューシネくん


 

元NHK職員の立花議員は、NHKの裏金問題を週間文春に告発し、それが原因で局内でイジメに合い、2005年に依願退職しています。

事実上クビとのこと。

 

その後、うつ病になり精神科にも通っていたそうですが、「どうせ死ぬから、死ぬ気で行動して相手と刺し違えてでもやってやろう!」と一人で活動を始めたそうです。

 

そして1人で始めた運動も14年経ち、仲間もできて2019年にやっと参議院選に当選、議席をもつ正式な政党になりました。

 

何度もいいますが、僕はN国党全体を支持できませんし、立花さんの過激さにびっくりすること多いですが、僕は立花さんの現状の活動は本当に勇気のあるものだと感動してます。

 

このブログはゆるくまったりやってましたので、政治的な問題は取り扱う予定ではなかったのですが、感動して書いてしまいました。

 

また、立花さんの活動で気になることがあったらまた紹介します。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です