【ネットで音楽はタダの時代】でもライブハウスは夢の国で、ミュージシャンはネズミだから素敵な場所よ!

こんばんは、ちーも(@chihiro_ojima)です。

今回のブログタイトルをみて、おいおい、ちーもよ、ついに頭がイかれてしまったのか!とかお前ごときが●ッキーだと?自惚れるのもいい加減にしな!

 

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも僕は結構真面目です。

そして自分のことを●ッキーとは思ってません 笑

まぁ例え的にわかりやすいかなと思ってのことです。

 

先日、複数のライブハウス店長たちがガチンコでしゃべるイベントが下北沢Club Queで行われ、僕はライターの仕事としてそのイベントに参加させてもらったことがきっかけなんですが、

 

ちーも
ちーも
あ、その内容はWEBメディアに載せていただく時にSNSとかブログでも載せさせてもらいます。。しかしまとめるの大変。。

かなりディープな話が多く、下ネタから運営、お金の話まで、
いろいろな話を聞けてかなり面白かったのと、

 

ぼく自身も長い間ライブハウスにお世話になっているものの1人としてライブハウスが唯一無二である理由を紹介したい。

 

特に若い世代は、ライブハウスに行かなくてもネットで音楽聞けるじゃん!って人もいそうだから、そういう人がライブハウスに足を運ぶきっかけになってくれればなぁと思います!

ライブハウスは夢の国で、バンドマンはネズミ

ライブハウスも夢の国も大きく3つ重なる部分があるんです。

どちらも入場料はかかるけど非日常の世界ですし、癒しのキャラクターがいる、そして一番大事な点は、お客さんが自らが時間を割いて交通費を使って足を運んでくれる必要がある点。

 

  1. 入場料はかかるけど非日常の世界
  2. 癒しのキャラクターがいる
  3. お客さんが自らが時間と交通費を使って足を運んでくれる必要がある

 

そう、SNSやネットの情報だけで満足できるものではなく、実際に足を運ばないとアトラクションや生演奏は聴けないので意味がないのです。

もちろん音楽はまずYoutubeなどで聴いて気に入ってもらってから実際に来てもらった方がいいとは思います。

ちーも
ちーも
ちなみに、何度もいうように僕は癒しのキャラクターとか自分を思ってないですからね・・・笑
兄の方は思ってるふしがあるよね。
ニューシネくん
ニューシネくん

ライブハウスの魅力とは

当たり前だけど、CDやインターネットでは聴けない音源にはない迫力がある。またそのでかい音は非日常感を演出します。


さらに熱気。

とびちる汗やツバ(汚いかも 笑)

 

MC(曲間のおしゃべり)では音源だけではわからなかったアーティストの人柄がわかったりして楽しかったりします。

 

ちーも
ちーも
極端な例ですが、すごいおとなしいかわいい曲のお姉さんが、すっごい下品だったり、ハードロックのいかついお兄さんが猫大好きでかわいいキャラだったりと、音源だけでわからないことが沢山あります!


これらはYoutubeでいくらライブ映像を観ても伝わらないことですよね。
あと意外だけどアーティストのちょっとしたミスが嬉しかったりする(上手い人に限る)

■CDにはないライブハウスの魅力

  • 演奏や歌
  • 大きな音の非日常感
  • 熱気
  • 汗、ツバ(汚いけどLIVEって感じ 笑)
  • MC(おしゃべり)
  • 意外に演奏ミスって嬉しかったりする 笑
ちーも
ちーも
昔チャゲアスの飛鳥が歌詞をミスった時めちゃ面白くて、すごいレア感があったんだよ 笑

スポンサーリンク

僕とライブハウスの出会い(余談)

僕がライブハウスに初めて行ったのは高校2年の時。

高知キャラバンサライというライブハウスに先輩バンドのギターとして出演したのが初めて。

先輩たちはちょっと怖くて、そして優しかった。

 

ちーも
ちーも
つまり、その、、お客さんとして行ったことなかったのにいきなり演者として出たんだよね。ライブハウスって怖いイメージがあったから近寄らなかったんだよ。家でこっそりアコギ弾いてるだけのつまらない男だったよ。その辺の話はいつかまた別な機会にしたいと思う。

その時に対バンで出てたバンドは高知県内では結構名の知れた人たち(2000ccとか)で緊張して何も覚えてないけど初ライブハウスは「生きてるぅ」と思ったことだけは覚えてる。

■ライブハウス行ったことない時代の僕のイメージ

  • モヒカンとかタトゥーの人多い
  • ドラッグとか多そう
  • いきなり殴られたり理不尽な暴力受けそう
  • カツアゲされそう
ちーも
ちーも
ふぅ、今思い出してもひどいイメージ 笑
でも僕が知る限りでそんなことは一度もなかったし、髪型派手な人やタトゥだらけの人ほど紳士であることも多い!

だから地下の怪しい空間に思えても安心して入って来てほしい。

ライブハウスって全然怪しくないし、危ないところじゃないと今なら言える。

(感じのものすごい悪いところはたまにあるけど←)

【結論】ライブハウスはYoutubeやCDにはない魅力が沢山あるので来て欲しい

僕は統計をとっているわけでもないのでわからないけど、最近ではバンドマンが少なくなってきているので営業が厳しいと言っている店長さんもいました。

 

  1. 音楽活動をする人が減ってきている
  2. ライブハウスもイベントができる日が少なくなる
  3. 収入がないので営業ができない。
  4. お店が潰れる

 

作品の発表の場が、スマホ1つで簡単にできるインターネット中心になってきていることも大きな理由だと思います。

なので、もしかしたらゆくゆくはライブハウスといった存在はどんどん少くなっていくのかもしれませんが、完全に消えることはないと思います。

 

だって夢の国ですからね!

 

みなさんが今何かしらのお気に入りのアーティストとか、バンドとか、アイドルがいたらライブハウスへ足を運んであげてくださいね!

きっと楽しい時間になること間違いなしですよ。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です