ちーモのブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

【キーワード大事】誰にも読まれないブログを読んでもらう為の方法!

スポンサーリンク

SEO対策はちゃんとできているはずなのに全然アクセスの伸びないよ!!

という方、『SEO対策なんて意味ないじゃん』と思ってしまうかもしれません。

 

記事内容はすばらしいのにPV(プレビュー)が伸びない場合、もしかしたら、タイトルや見出しに入れているキーワードがよくないのかもしれません。

 

今回はキーワードから書くべき記事を選ぶ方法をお伝えできればと思います!!

駆け出しのライターやブロガーの方のお役に立てたら嬉しいです。

 

ちなみに!!!

前もってお伝えしたいのは、僕自身ブログは楽しくやるべきだと思ってますので、個人的な日記を楽しく書いている方は読む必要がないのかもしれません。

楽しくないのって辛いですし、僕もたまに全く意味のない記事かいてますし・・・。 

 

◾︎もくじ

書きたい記事=読まれる記事にならない

悲しいけれど自分が書きたい記事が、読まれるとは限らない。

稀に読まれることもあるけど、可能性は結構低い。

 

芸能人だとただ夕食を食べた内容のブログでも常にPVが伸びるけれど、一般人の場合は日常の出来事をよほど面白く書いたり、外食に行った時のレストランの詳細なレビューなどの有益な情報を盛り込んだりしない限りはそう簡単にPV数は伸びない。

だから僕らがまずすべきことは検索する人のニーズを考えることです!

 

キーワードを選定する方法

①自分で一つ書きたいキーワードか、もしくはアフィリエイトなどで使いたい題材を選ぶ。

 

例)

料理 / 相撲 / 副業 / 自転車 / お酒 / 旅行 / 高知県 等・・・

 

複合キーワードを調べるためのツール紹介

複合キーワードとは『京都 観光』や『広島 オススメ 旅館』と入れた場合、この『観光』や『オススメ 旅館』の部分が複合キーワードになる。

自分が選んだワードが世の人たちが検索している複合キーワードと一致しているか確認する為の便利なツールを紹介します!

 

関連キーワード取得ツール

ではざっくりとキーワードを決めたら関連キーワード取得ツールを使い、実際にどのような複合キーワードが出てくるか調べてよう!

 

f:id:chihirocity:20181120154717p:plain

 

上記の検索キーワードに『遊園地』を入れてみた結果はこちら。

これで人々がどのように検索して調べているか、つまり需要が明確にわかるのです。

 

f:id:chihirocity:20181120155022p:plain

 

goodkeyword

関連キーワード取得ツールでは稀にエラーがでるので、そう行った場合は場合はグッドキーワードでも同じような感じで調べることができるのでオススメです。

個人的にはこちらの方が好きかもしれません。

 

グッドキーワード画面での画面↓

 

f:id:chihirocity:20181120155519p:plain

 

goodkeywordでも『遊園地』で調べてみた↓

f:id:chihirocity:20181120160101p:plain

 

さらにさらにgoodKeywordにはオススメの部分があって、画面右側にある項目から一覧を赤円項目をクリック後そのままコピー(WindowsだとCtrl+C、macだとControl+C)できます。

 

f:id:chihirocity:20181120161346p:plain

 

それをメモ帳に貼り付けてみました↓

 

f:id:chihirocity:20181120161543p:plain

 

こういった感じで実際に検索されているワードの抽出ができます。

これで色んな人がどんなワードで検索しているか需要があるワードがわかってきましたね!

キーワードが選定できたら今度はGoogleが提供するキーワードプランナー

 キーワードプランナーとはGoogleに広告費用を支払うことで、その広告から自分のサイトへお客様を誘導できるものなのだけれど、無料でも結構使えるツールです。

使用に必要なのはGoogleアカウントだけでOK!

登録から実際に使うところまでは以下の方が詳しく記載されてらっしゃったので見てみてください。

 

junichi-manga.com

 

ちなみに先ほどのgoodkeywordで抽出したワードを、キーワードプランナーで検索することでかなり具体的に検索ボリュームがわかります。

『遊園地』だとこんな感じです。↓

f:id:chihirocity:20181120164121p:plain

 

まだ自身のサイトが育っていない場合はSEOの意味合いで大手に負けてしまう為、検索ボリュームが大きすぎず、0でもないところを狙った記事を書きましょう!

 

【最後に】キーワードが程度ニーズが具体的にわかったら、あとはペルソナ設定

いかがでしたでしょうか?

ちょっと情報量が多くて混乱している方も多いかもしれません 笑

慣れればキーワードを選び、複合ワードの確認、検索ボリュームを見た上でペルソナ設定をした上で、SEO対策をしたいい記事がかけるのではないでしょうか!

 

SEOやライティング方法の過去記事もありますのであわせてみてみてください。

では、また。

 

www.tech-tech-walking.com

 

www.tech-tech-walking.com

 

 

 

【スポンサーリンク】