ちーモのてくてく歩こうブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

Uber Eats配達パートナー登録の為、恵比寿へ行ってきた

スポンサーリンク

Uber Eats配達パートナー登録の為恵比寿へ行ってきたので気をつける点を挙げる

f:id:chihirocity:20181014215553j:image

■もくじ[記事作成2018年10月14日(日曜)]

Uber Eats配達パートナーへ登録しようと思ったきっかけ

2018年9月末にフリーランスでやっていこうとツテなどがないにも関わらず生き方を大きく変えることを決意し退職した僕。

しかしながら(当たり前だけど)殆どの人がフリーランスでやっていく力を前もってつけてからフリーランスへの行動を起こす。

僕はそう行った過程を全く経ずに仕事を辞めてしまったばかりでなく、恋人も呆れて去って行った 笑

今はまだちっぽけだけど自分らしく生きていこうと思ったのだけれど、そんなかっこいいこと言ってもお金は大切。

僕は自転車が大好きだし、空き時間にシフトなどなくお金を稼げるものは・・・あ!

Uber Eatsだ!町でよく見かけるし登録してやってみよう。と単純な考えで本日登録に行った。

 

 Uber Eats登録の為恵比寿のパートナーセンターへ行った 

※以下の記事は以下リンクから個人情報の新規登録をした後の話です。

www.uber.com

 

世田谷の自宅から意気揚々と僕は自転車で登録のビルの入り口まで行ったのだけれど、入り口にUBER eatsのスタッフさんがいて「駐輪場がこの周辺に無いので、駅に停めてからいらしてくれますか?実はこの辺に不法に停める方が多くて周辺のお店から苦情が増えてるんです。」と説明を受けた。

 

ちょっと面倒くさかったけれど、しょっぱなから問題を起こすわけにはいかない。

一旦恵比寿駅へ戻り自転車を停車してから改めて歩くこと7〜8分程度。

コンビニのファミマとセブンを超えてセブンとは道を挟んで逆側のビルの5階に恵比寿のパートナーセンターがあるので皆その辺に停めるんだろうなと思った。

 

  

Uber Eatsの恵比寿のパートナーセンター(ビル5階)へと上がる

ビルの5階まで上がるとすでに3人が待っている状態。少し待っていると僕の後に10人くらい来た。

2017年に書かれた他の方のブログを拝見するとガラガラだったみたいだけど、僕は日曜に来たから人が多いのかもしれない。

入ってすぐ横にいる受付のお兄さんは丁寧に説明をしてくれてるつもりかもしれないけど敬語がキチンとは出来てない若者言葉だなって感じでした 笑

悪く言うとチャラいのかな…。

 

受付では事前登録をしているのであれば電話番号を口頭聞かれ、伝えた電話番号にてPCでお兄さんが検索する。

登録がヒットした場合、給料の振込先の口座番号の登録をしているか聞かれた

 

口座登録の際の間違いが多く、その場合給料が正しく振り込まれないらしい

アメリカの会社なので登録が米国の住所表記に慣れてないと違和感すごいですよね。

この給料振り込みの口座情報の登録際の氏名住所の部分で間違いが多く、間違っている場合は給料が正常に振り込めない場合があるとのことで、以下今日ご指摘を頂いた点をあげます。

 

iPhoneの登録画面↓ 

 

f:id:chihirocity:20181014224709p:plain

 

まず口座名義人は氏名共に頭文字だけが大文字じゃないとダメ。

Tarou Yamada ○

tarou yamada ×

 

住所は欧米スタイルで逆から。ここも頭文字だけが大文字でかつは"-ku”と書く必要がある。

住所の例)三軒茶屋キャロットタワー住所(東京都世田谷区太子堂4-1-1)

 

1−1−4,Taishidou,Setagaya-ku ○

1−1−4,taishidou,setagayaku ×

 

ここまで書いて気づいたんですが、実際もらった冊子に書いてました 笑

 

f:id:chihirocity:20181014231236j:plain

 Uber Eats配達パートナー用アプリの説明は30分かからない程度

 基本的なアプリの使用方法後、給料の説明。

  • 基本受けとり料金:300円 レストランにて商品を受け取った際に発生。
  • 受け渡し料金:170円 注文者に商品を渡した際に発生。
  • 距離料金:150円/km レストランから配達先までの距離に応じて、計算されます。

上記に合わせてブーストエスといったお金が増える仕組み?もあるらしいです。

給料は週払いで締め日は月曜日のAM4:00、実際の明細が確認できるのは水曜日。

※稼いだお金の合計金額の35%がUberに手数料が差し引かれる。(結構高い…。)

配達バックはデポジット

配達バックは8000円のデポジットとなり一時的にUber側で預かりとなり、バックを返したタイミングで戻ってくる。配達開始から4週間かけて週に2000円ずつ収入から控除され、バック紛失や盗難は責任を負いかねますとのことです。 

招待キャンペーンも時期時期でやっている

現時点でやっているキャンペーンは、今現在配達パートナーをやっている人から招待コードをもらってUberを開始した新人さんが50回以上配達した時に、その紹介してくれた人に30000円プレゼント。というもので紹介された人は何ももらえないらしいけど、友達とかなら半分ずつ分け合うのもいいかもしれないですね。

 

明日からUber Eats配達パートナーとして空き時間に働いてみてまた色々わかることあればお知らせいたします

勿論僕もこれをメインにやろうとは思ってないです。

きっとUber Eatsを今やっている人やこれからやろうとしている人も何か目標があって時間をぬってやっている人が殆どだと思うので、このブログがこれから始める人の役に立てれば嬉しいです。

あ、Uber Eatsで得たお金の源泉徴収とかに関してはこんな記事があったので、、大丈夫かなっとちょっと思ってます。

tokyoumaimon.hatenablog.jp

 

僕もまだ始まってもないですが 笑

また進捗を載せられたらと思います。

 

余談ですが、新品のバックを渡すと言われたけど傷とかついてるしお古ぽい(ブログTOPの写真) 笑

 

では、また。

【スポンサーリンク】