ちーモのてくてく歩こうブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

断捨離の際、思い出が溢れてきて辛い時の心得

スポンサーリンク

f:id:chihirocity:20181005182025j:plain

 

思いたったが断捨離

僕は生まれてこの方33年、物を所有する事、多く持つ事を良しとしていた。

 

だけど34歳を前にして考え方が180度変わってしまった。それは自分の人生が折り返しに来てしまったと感じだしたからだ。(話がややこしくなるのでここでは言わないが魂は永遠だと思ってる。肉体は歳をとるけど 笑)

 

あの世に持っていけるものなんて何一つない。

殆どの人が所有することで物との同一化を図る。ハロー効果ともいうのかな。

 

ポルシェやベンツ高級車に乗っているだけで、その人物が人として尊敬できる偉い人と感じるし、また所有している本人さえそう考えている事も少なくない。

 

だけれどもその人が何を所有しているかなど、その人の価値は全く関係ない。イコールでは無いのだ。

 

前置きが長くなったけれど、そんなこんなで僕も物を必要最低限もち、サッパリとした暮らしに移行することにした。

 

移行にあたってここ数日黙々と断捨離をしている。

ここ数日、可燃ゴミ、資源ゴミ、不燃ゴミ、そして粗大ゴミをガンガン出している僕がものが捨てられないと悩んでいる人へいくつかの助言ができればと思う。

 

断捨離は勢いで(いつか役に立つかもは大敵)

まず周りを見渡して過去半年間で一回も使っていないもの、また着ていない服があったらすぐ捨てるべきです。いつか使うだろうは大敵。僕の経験上絶対使わないです。

僕は前々回の引っ越しの時の未開封ダンボール(ひどい 笑)も丸ごと捨てました。

一つ一つ吟味すると思考を働かせてしまうので半年使ってないものは無条件で断捨離しましょう。

 

特定の人からもらった思い出深いものも断捨離

僕の場合はどういった人にもらった物かにもよりますが、物に声をかけて捨てます。

「今までありがとう!」と言ってゴミ袋に詰めました。

大事なのは瞬発力であって思考はじっくりしてはいけません。

亡くなった祖母からもらった手紙だけはちょっと捨てられなかったですけど(汗)

 

僕が断捨離で一番辛かったもの

僕が断捨離で一番辛かったものはCDです。

CDのジャケットを見るだけでその当時の思い出がぶわ〜っと出てきます。

現状はCDを再生できるコンポはなく、PCですら外付けのCD/DVDドライブを取り付けないと再生すらできない環境。

 

PCにデータとして取り込んでから捨てようとして後回しにして全然捨ててなかったんですが、思考を働かせないように瞬発的に捨てました。(中学生の頃から集めているので多分1000枚くらい)

 

高田渡、トムウェイツ、フォーククルセダーズだけは残しました。

すごく思い出深いので・・・。

 

売れるかも・・・も大敵

売れるかもしれないと思うものは一旦メモ帳に書き出して一覧にした上で、メルカリやジモティヤフーオークションで販売するもの一つの手です。

書き出しを行うことで必要、不必要の線引きがクリアになります。

いらないものだけど、でも売れるかもしれないと思いながらなかなか行動していないといった状態で3ヶ月放置しているものはもう捨てましょう。(勿体無いですけど)

 

【まとめ】断捨離の心得

・断捨離はまず勢い。

・過去半年間で一回も使っていないもの、着ていない服は速攻捨てる。

・いつか使うかも・・・。(いつかは来ない)

・売れるかも・・・。で放置している場合は速攻売れそうなもの一覧をメモに書き出しして整理する。

・できるだけ思考を停止させてゴミ袋に詰め込む

・お世話になったものには感謝の言葉をかけてゴミ袋に詰め込む

 

以上の心構えで断捨離を行うと、気づけばものが無くなった部屋で心がすっきりと、シンプルに生きていけるようになっているでしょう。

物が無いってすっごい気持ちいいですよ!

では、また。

 

f:id:chihirocity:20181005184111j:plain

【スポンサーリンク】