ちーモのてくてく歩こうブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

父と男二人旅。足摺岬から久礼の大正市場にきた話(後編)

スポンサーリンク

足摺岬の食堂からパチリと一枚写真を撮る。

青い空と、青い海。


f:id:chihirocity:20180827185119j:image

 

ホテルロビーの絵。


f:id:chihirocity:20180827185032j:image

 

恋人と行く岬に男2人父と行きました。

夏休みシーズンなので親子多し。


f:id:chihirocity:20180827184938j:image


f:id:chihirocity:20180827185359j:image


f:id:chihirocity:20180827185236j:image

 

本当に景色が綺麗。

いや、ほんとそこにつきる。

水平線を囲うように原生林が生い茂っていて潮風も最高だ。


f:id:chihirocity:20180827185027j:image

 

夏の雲。


f:id:chihirocity:20180827185201j:image

 

何故恋人たちは南京錠をはめたがるのか、木更津の恋人たちの橋(名前失念)の南京錠を思い出した。


f:id:chihirocity:20180827185006j:image
f:id:chihirocity:20180827185259j:image
f:id:chihirocity:20180827185057j:image
f:id:chihirocity:20180827185342j:image
f:id:chihirocity:20180827185223j:image
 

帰りに寄った漁師町(漁師町ばっかりですが)土佐清水市のホエールウォッチングを推してます。


f:id:chihirocity:20180827185127j:image

 

これが四万十川

時間がなかったので車から撮りました。残念。

高知県出身っていったら大体は坂本龍馬か、四万十川を言われるんですが、僕は四万十川のことよく知らないです。高知県って横長だから一生行かない土地も多いし。


f:id:chihirocity:20180827184948j:image


f:id:chihirocity:20180827185101j:image

 

帰りに久礼(くれ)に来た。

須崎と足摺岬の間の漁師町だ。


f:id:chihirocity:20180827185015j:image
f:id:chihirocity:20180827185105j:image
f:id:chihirocity:20180827185053j:image
f:id:chihirocity:20180827185352j:image

 

久礼のところてんは最高だ。

本当にマジで出来立てすごい美味い。

可愛いばあちゃんが数人でやってた。


f:id:chihirocity:20180827185214j:image

 

f:id:chihirocity:20180827222520j:image

 

背が丸まってるけど、素早い 笑

僕より計算早い!

てか僕がアホなだけや……。


f:id:chihirocity:20180827222516j:image
f:id:chihirocity:20180827222512j:image

 

f:id:chihirocity:20180828171929j:image


f:id:chihirocity:20180828171932j:image


f:id:chihirocity:20180828171937j:image

 

そこから少し歩いて久礼の大正市場にきました。

 

www.jalan.net


f:id:chihirocity:20180827185219j:image

 

かつを。かつお、鰹?


f:id:chihirocity:20180827185151j:image

 

立ち飲みの日本酒飲めるとこ。


f:id:chihirocity:20180827185227j:image

 

かつをのハランボ。

鰹のお腹の肉。鮮度が落ちやすく、鮮度の落ちたハランボは結構臭う。

そのせいで漁師町以外あまり流通しないけど、鮮度高いのはすごい美味い、、すっごい美味い。語彙……。)

 

焼く前のハランボ↓

 

f:id:chihirocity:20180828121100j:image

 

焼いたハランボ↓


f:id:chihirocity:20180827185147j:image

 

干物の魚達↓


f:id:chihirocity:20180827185425j:image
f:id:chihirocity:20180827185046j:image
f:id:chihirocity:20180827185431j:image

 

そしてメジカの新子(しんこ)

ソウダガツオの若いやつで、これから成長してくると古子(ふるこ)と言われてまずくなる、、、と言われてます。新子はこの時期だけとれる魚で、身がもちもちして非常に美味なんですが、これまた非常に傷みやすいため、これまた流通しないのです。

高知県須崎市ではしんこ祭りなるものを開催してます。9月1日と2日の二日間。

 

www.mantentosa.com

  

是非須崎市にも遊びに来てくださいね。

 

さて、話は久礼に戻ります。

これが、久礼の新子↓


f:id:chihirocity:20180827185251j:image

 

これを選んでその場でさばいてもらいます。

さばくおばさんの手際の良さが際立ちます。

パチリ(ブレた)↓


f:id:chihirocity:20180827184943j:image

 

さっきのがブレたのもう一回、パチリ↓

かかっているのは酢みかんです。白いのは種。

緑の部分は酢みかんの皮をおろしたもので、実の部分の汁も絞りつつ醤油もかけます。


f:id:chihirocity:20180827185207j:image

 

その皿を持ったまま店内へ移動。


f:id:chihirocity:20180827185244j:image

 

店内では丼ものも頼めますが、僕と父は新子もあるのでご飯セット250円×2=500円と、鯖のみりん干し300円をチョイス。新子500円×2=1000円と併せて1800円

観光地としてはすごい安いですよね。

前に福島1人旅行った時は海鮮丼一つで4000円くらいかかりました。まぁ観光地はしょうがないですよね。


f:id:chihirocity:20180827185139j:image
f:id:chihirocity:20180827185123j:image

ご飯普通盛りでも僕には多かったです。

そして大盛りもたった30円増し。


f:id:chihirocity:20180827185113j:image

 

この干物は店の前の炭火で炙って出してくれます。

これもめちゃくちゃ美味いし、何より安い


f:id:chihirocity:20180827185023j:image

大正市場は鮮度最高の魚を最高のコスパで提供する最強の市場でした。

また行きたいな。

来年の新子の時期にまた行こう。

須崎市新荘川へ来た

帰ってきてから須崎の清流新荘川へ泳ぎにきました。

すっっっっごい水が綺麗なんです。

僕が小学生くらいからずっと泳ぎに来てた川。

地元にいる頃は水が綺麗なんて当たり前に感じてたけど大人になった今、水が綺麗って本当に恵まれているんだなとしみじみ思います。

めちゃくちゃ本当に水が綺麗で、地元民はおそらく四万十川より綺麗と思ってます 笑


f:id:chihirocity:20180827185231j:image
f:id:chihirocity:20180827185325j:image


日本で最後にニホンカワウソが目撃された川、新荘川

1979年以降一切目撃されてない。

60才を超えた父が子供の頃はたくさんのカワウソが普通にいたらしいです。

夜でもカワウソが水に飛び込む音がよく聞こえたとのこと。

 

戦争の時に多くのニホンカワウソが軍人が着る防寒着にする為、乱獲され数が激減したとのこと。結局は人間の都合やエゴやによって何の罪もない動物が消えていくのでしょうか。

いつかカワウソがこの川に戻ってきたら嬉しいなと思うけど、約40年目撃されていないんだから多分もういないんだろうな。

 

そう考えると旅の最後としてはちょっと切なくなった。

では、また。

【スポンサーリンク】