ちーモのてくてく歩こうブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

13記事でGoogle AdSense審査に通った話

スポンサーリンク

f:id:chihirocity:20180819185919j:plain

Google AdSenseに申請をしてみよう。

そう思った時に僕は10記事くらい書いていた。

 

申請をするにあたって色々な人の記事を参考にさせてもらったが、どうも2018年現在では以前より申請が困難になってるとのことを多くの人がおっしゃっていた。

大体は30記事は書いてから申請した方がいいと言っている人が多かったのだが、50記事でも申請が通らなかった。中には(どの程度の更新頻度かわからないけれど)1年ブログを続けているのに通らなかったという人もいた。

 

まだまだ新米ブロガーなので絶対に間違いないとは言えないけれど、恐らく結構的を射ているであろう僕の見解がこれからGoogle AdSenseに申請を考えている人の役に立てば嬉しいです。

 

■もくじ

Google AdSense申請で僕が気を付けたこと(2018年7月時点)

人が検索をするのは何故か、いつなのか。それを考えた時に(当たり前だけれど)わからないことが知りたいから。今困っているから。という事は明白です。

Googleさんの立場で考えると"検索している人のお困りごとを解決する"つまり、人に貢献するサイトかどうかを審査しているのではないかなと思いました。

つまり記事数云々ではなく、読み手のことを考えて役に立ちそうな記事を書いている場合は全く問題なく申請は通るのかなと思います。(極端に記事数が少ないとダメかもですが・・・、なので10記事くらいが目安なんでしょうか。)

 

Google AdSenseでのNGを意識すること

暴力的、アダルト、お酒やたばこなどの嗜好品。

そういった類のテーマはGoogleさんが嫌っているようなので、以下の禁止コンテンツは一通り目を通しておいた方が良いと思われます。

 

禁止コンテンツ - AdSense ヘルプ

 

僕の場合マルウェア駆除の画面をスクリーンショットで貼り付けていたんですが、アダルトポップアップの駆除の記事は文中に"アダルト"って表現していいのか心配しましたけど、今のところ大丈夫みたいです。

貢献できると思うので大丈夫なのかな。注意されたら変えます。(流石にポップアップの画像は貼れないですけど 笑)

  

以下がその時書いた架空請求広告を消す為のツールを紹介した記事です↓

 

www.tech-tech-walking.com

 

Google AdSenseに関係あるかわからないけど、オリジナルの画像を多く使うこと

SEO的(今勉強中)にはオリジナル画像を多く使う事が推奨されているようなんですが、SEOとかAdsense抜きにしても画像が多い方がブログの文章が読みやすくまた見栄えは良くなる気がしますね。結果、読みやすい記事になります。

 

オリジナル画像といっても、僕の場合はマルウェア駆除系の記事はPC画面のスクリーンショットが多く、普通のブログはiPhone8 Plusで撮影した写真をあげているのでそんなに手間ではありません。

また、フォトACというサイトを使用すると記事の内容に合ったフリー素材の画像のダウンロードが簡単にできるので画像が用意できない場合は重宝しています。

 

www.photo-ac.com

 

Google AdSenseの審査抜きにしてもブログは楽しく続けること

ブログ開始した直後は書いても書いても読んでくれる人がいなくて辛い。

でもブロガーの有名な人は毎日書け!時間があれば書け!と言っている人が多い。

せっかくやるんだったら辛いのに無理やりやるんじゃなくて、プレッシャーにならないように楽しんでできた方がいいですよね。(僕もまだまだ修行中です。)

 

なんですが専門的なものや、貢献を考え過ぎずに日常を描いた記事も間に書いているので絶対こうでなくてはならない!ではなくてこういう記事もたまにはいいだろうという頑張らないゆるゆるとしたスタンスで書いた方が良いと思います。

 

継続が力なりはことブログに関しては正しいと思います。 

 

僕が意識したGoogle AdSense申請まとめ

・自分の記事を読む人を想像し、わかりやすく貢献できる記事を書く。

Googleさんが嫌うNGワードを使わない記事を書く。

・オリジナル写真をふんだんに使う。(無ければフリー素材をDLする)

毎日更新しなきゃ!などと気負わず、更新頻度はそこまで気にしなくていいと思います、楽しく続けましょう。

 

では、また。

【スポンサーリンク】