ちーモのてくてく歩こうブログ~tech-tech-walking~

当初はtech(技術者)とてくてく歩くをかけたテクニカルブログだった雑記ブログです。

ピナレロ・ルンガヴィータにまたがって二子玉川で風になったよ

スポンサーリンク

 

f:id:chihirocity:20180811193111j:image

 

先月末に自転車事故(自業自得)で自転車のフレームが変形し自転車大好きな僕としては辛い数日間を送った。

 

事故の記事はこちら

 

www.tech-tech-walking.com

 

ピナレロが欲しくて調べていたらピナレロ・ルンガヴィータというものを見つけた。

自転車好きといっても全然詳しくないのだ。

僕が見つけたのは2012年モデルの中古だったけど、僕には全く気にならない程の小さな傷がいくつかついている程度のものでとても惹かれたので買ってしまった。

 

街を駆け抜けるイタリアンデザイン! ピナレロのシングルスピード“LUNGAVITA” - 2010モデル | cyclowired

 

お昼過ぎに二子玉川へ髪を切りに行き、その後二子玉川沿いの道をぼーっと走った。

夕日がとても綺麗で、世界はものすごく美しいんだなと思った。

 

もしかしたら世界は醜いと思っている人は、本人の意志とは無関係に醜いと思うものしか見てないだけであって、本当は美しいものがたくさんあるのに気づいていないだけなんじゃないかな、などと思いながら夕日をみていた。

 

心洗われるとはこのことか。

 

ルンガヴィータの魅力と夕日の感動で僕はひたすら漕ぎ続け、家に着いた時にはすっかり暗くなっていた。

 

19:50くらいに帰宅しクーラーとサーキュレーターをオンにしたらソファーで眠りこけてしまい夜中二時に目が覚め、結局朝まで眠れなかった。

 

ルンガヴィータの意味がピナレロのサイトに載っていた。以下抜粋。

 

“LUNGATITA(ルンガヴィータ)”とは英語で言うところのLONG LIFE(ロングライフ)で、「伝統的な」「長く楽しめるもの」といった意味が込められ ています。"

 

宮本武蔵が言ったらしい『形あるものいずれは滅する』

そうだとしても僕自身もルンガヴィータも、少しでも多くこの世界の綺麗なものを一緒に見ていけたらなと思った。

 

では、また。

 

 

 

【スポンサーリンク】